githubにpushする際に、毎回パスワードを入力するのはめんどうだなと思い、何かいいソフトはないかと探した。 どうやら keychain というソフトが使えそう。

keychainを使ってみることにした。

サーバは、AWS EC2 の Amazon Linux AMI 64bit

keychainのインストール

rpmforgeを使えるようにする

通常のパッケージにkeychainは無いため、rpmforgeを使えるようにする。

$ su -
# cd /tmp
# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
# rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

通常はrpmforgeを使わないようにする

# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
[rpmforge]
enabled = 0

rpmforgeを使うときは、 --enablerepo=rpmforge をyumコマンドに追加

keychainをインストール

# cd ~
# yum -y install keychain --enablerepo=rpmforge
# exit

keychainにパスワードを覚えさせる

github で使用している秘密鍵を keychain に覚えさせる

$ cd ~
$ eval `keychain --eval --agents ssh ~/.ssh/github_id_rsa`
 * keychain 2.7.0 ~ http://www.funtoo.org
 * Starting ssh-agent...
 * Adding 1 ssh key(s): /home/ec2-user/.ssh/github_id_rsa
Enter passphrase for /home/ec2-user/.ssh/github_id_rsa: ← 秘密鍵のパスワードを入力
 * ssh-add: Identities added: /home/ec2-user/.ssh/github_id_rsa

bashrcに登録して、楽をする

$ vi ~/.bashrc
eval `keychain --eval --agents ssh ~/.ssh/github_id_rsa`

を追加

$ source .bashrc

これでログイン時に秘密鍵がセットされ、パスワードを入力する必要がなくなる。

その他

Last-modified: 2014-01-21 (火) 14:26:27 (1784d)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS